株式会社TOU-ENでは、昨今の感染症の対策の為に「エルビーノ」を使用した『微酸性次亜塩素酸水』を用いた対策に取り組んでおります。

 微酸性次亜塩素酸水は、塩酸または塩化ナトリウムに塩酸を混合したものを電気分解することにより生成される、次亜塩素酸(HOCl)を主成分とする水溶液です。次亜塩素酸は強い除菌力を有しており、大腸菌や黄色ブドウ球菌など様々な食中毒菌、ウイルスに対しても高い効果があります。

 また次亜塩素酸ナトリウム(塩素系消毒薬の主成分)では効果の表れにくいカビ類に対してもその効果を発揮します。また次亜塩素酸は、その存在比率がpH値によって変化します。pH値が2〜7の酸性領域では非常に高く、逆にpH値が7を超える(アルカリ性に推移する)と急激に減少します。アルカリ性へと偏るにつれ、除菌力の微弱な次亜塩素酸イオン(OCl-)の比率が増え、pH値が9を超える領域では、次亜塩素酸の比率は10%以下となります。

 実際に40ppmの酸性次亜塩素酸水は、1,000ppm次亜塩素酸ナトリウム液と同等の除菌力を示します。

 また、次亜塩素酸水は2012年に食品添加物にも指定されており、肌に触れたり、口に入っても安心安全です。アルコール除菌が有効でないノロウイルスにも有効です。

 そして、その微酸性次亜塩素酸水を生成することができるのが『エルビーノ』という、微酸性電解水生成装置です。

微酸性電解水生成装置エルビーノ